病院沿革

  
昭和28年05月 国民健康保険直営小鹿野町立病院として開設(一般病床36床)
29年07月
伝染病棟増築(26床)
10月 結核病棟増築(32床)
31年03月 付属長若診療所開設
07月 付属倉尾診療所開設
33年11月 付属三田川診療所開設(現在廃止)
34年07月
国民健康保険町立小鹿野中央病院と改称
12月
一般病棟増築(15床)
42年04月
地方公営企業法全部摘要
51年03月
本館改築工事竣工(一般48床)
04月
総合健診センター開設
09月
地方公営企業法の全部摘要から一部摘要に改正
56年03月
第2病棟改修工事竣工(一般12床)
04月 リハビリテーション開設
57年03月
頭部CTスキャナー導入
59年03月
総合健診システム更新
平成02年06月
全身用CTスキャナー導入
04年12月
基準看護特二類の実施
07年02月
総合健診システムの更新
09年09月
病棟数35床の増床承認
10年06月
伝染病棟26床を廃止
12年12月
病院増改築工事着手
14年04月
療養病棟入院開始(50床)
08月
病院増改築工事竣工
17年03月
総合健診システムの更新
19年04月
心療内科・神経科を新設
23年10月
オーダリングシステム導入
26年11月
病院機能評価の認定取得
12月
地域包括ケア病床 8床開始
27年07月
在宅療養支援病院開始
28年04月
地域包括ケア病床 5床増床(8床から13床へ)
29年03月
小鹿野中央病院新改革プラン作成
11月
電子カルテシステム導入