診療放射線科

診療放射線科の紹介

放射線科のスタッフは診療放射線技師3名で運営しています。

日常業務は、胸部X線写真のような一般撮影から胃、大腸透視検査、CT検査、人間ドック(胸部X線、胃透視、マンモグラフィ撮影、骨密度測定)、その他の業務(手術室でのX線透視、術後撮影、病室での撮影)などです。

撮影された画像はデジタル化され、院内に置いてある高精細モニターでデジタル画像として診断に使用しています。撮影された画像はサーバー上でDVDに焼き付けて半永久的に保管します。

また、地域がら高齢者が大半を占めるため、私たちは思いやりの医療を目指し、出来る限り質の良い画像の提供に努めています。

当院での使用機器と検査内容を簡単に紹介します。

一般撮影室(胸部・骨一般撮影など)
一般撮影室イメージ1 一般撮影室イメージ2

従来のフィルムを用いるのではなくIP(イメージングプレート)と呼ばれる物を使用しています。健康診断時の胸部X線写真、手足のしびれ時の頚椎・腰椎の撮影、骨折が疑われる時に撮る手や足などの骨の撮影が主に行われます。

X線透視室(胃・大腸透視、大腸内視鏡、骨折部位の整復など)
X線透視室イメージ1 X線透視室イメージ2

X線透視室では、主に造影剤を使用して胃透視・小腸造影・大腸透視や各種動態検査に使用しています。大腸内視鏡検査や整形外科での骨折部位の整復にも使用されます。その他、内視鏡を用いて胆のう・膵臓の検査や治療なども行います。

CT撮影室(頭部・胸部・腹部・頸椎・腰椎など)
CT撮影室イメージ1 CT撮影室イメージ2

CT検査とは、頭部・胸部・腹部などの輪切り状の画像を撮影する検査です。整形外科領域では脊髄腔造影・椎間板造影後の撮影、骨折疑いの頚椎・腰椎などの撮影もあります。また、頭部・胸部・腹部などの検査では、より詳しく検査する目的で造影剤というお薬を血管から注入して撮影することもあります。

人間ドック透視室(胃透視・胸部撮影)
人間ドック透視室イメージ1 人間ドック透視室イメージ2

人間ドックの胃透視・胸部撮影などを中心とした撮影室で、撮影はフィルムを使用しないデジタル画像としてデータを保管し、高精細モニターにて診断を行っています。

乳房撮影室(デジタルマンモグラフィ)
乳房撮影室イメージ1

人間ドック・町民検診・会社等の婦人科検診など多岐にわたり撮影を行っています。最近の乳ガン検診には欠かせないマンモグラフィは、触診では発見しがたい小さな腫瘤や微細な石灰化画像を写し出す事が出来ます。超音波検査などと組み合わせる事により早期発見が期待できます。

手術室(術中イメージ装置・ポータブル撮影装置(手術室専用))
手術室イメージ1 手術室イメージ2

整形外科領域での股関節、大腿骨などの骨折の手術時に、透視画像を見ながら手術を行います。また、整形外科・外科領域(胃、大腸、胆のうなど)の手術後にはポータブル撮影装置で手術部位・胸部・腹部などの撮影を行います。

その他の装置の紹介

骨塩定量装置

その他イメージ1

骨の密度を測ることができます。

ポータブル撮影装置

その他イメージ2

病室専用の回診式X線撮影装置です。病室から移動出来ない患者様の撮影を行います。

画像管理システム装置
その他イメージ3 その他イメージ4

DICOM画像ビューワーシステムが2005年4月より稼働。院内に設置してある2台のサーバーからネットで、外来・病棟・検診センターの端末(12端末)に画像を配信し診断を行っています。

画像保管システムフロー